賃貸の心得

賃貸の住まいに住む際に心得ておくこと

家屋の外壁も飽きれば、ある程度の範囲で自分の好きな色に塗り替えることもできるのです。
そして高齢になり、家屋の二階に階段で上り下りするのが苦痛になれば、家屋にエレベーターを設置することもできるのです。
なおかつトイレや風呂場、玄関など段差があって危険な箇所に手すりを備え付け、室内に車椅子が通りやすいようなスロープをつけることもできるのです。
こうしたリフォームやリノベーションが自分の年齢や、ライフステージにあわせてできることも分譲の魅力だといえるのです。
しかし、分譲には莫大なローン返済と固定資産税が毎年かかってくるのです。
年金生活に入っているのに、まだローンが残っている世帯も多く、購入時にはライフプランと収入、貯蓄額と良く相談して購入することが大切なのです。
一方賃貸の場合、莫大なローンや固定資産税を抱えることはありません。
若いころは、家賃だけを支払えばよいので、生活に少しの余裕を持たせることができるのです。
分譲とは違い浮いたお金で家族と旅行に行くこともできます。
また趣味にお金を投資することもできるのです。
若いころは非常にメリットの多い住まいではあるのですが、高齢になってそこに住み続けるには非常に問題が多いのも事実なのです。
まず高齢になると足腰が弱ってきます。
階段を上ることもままならなくなると、手すりを部屋の至るところに取り付ける必要に迫られるのです。
しかし土地建物が自分の財産でないために、勝手に室内に手すりをつけたり、車椅子が通れるように増改築することは決して許されないのです。
どうしても手すりや増改築が必要な場合は、大家にその申請をしなくてはいけません。
しかし大家によっては、その許可を決して出さない場合もあるのです。
高齢になって賃貸に住み続けることにはそれなりのリスクがあることを心得ておかなければいけません。
また80歳90歳になっても永遠にわずかな年金の中から家賃を捻出しなければいけないのです。
そのため年金以外にも自分の生活の為に蓄えを置いておかなければいけません。
また高齢になり痴呆になり一人暮らしの場合、大家が家屋に出火されると困るという理由から、突如退居することを宣告される場合があるのです。
家屋を借りて住む場合は、こうした老後のことも良く考えて住まい選びをすることが大切なのです。
広島 介護 求人で有名
銀座 理容室ならこちら
新橋 理容室のブーム到来
twitter
Gooで欲しいもの見つかる